セキュリティー情報
PCのセキュリティーはいかがですか?

ウイルスにかかると以下のような症状が現れます。
(他にも沢山の事例が存在しており一部掲載)
意図したHPがきちんと表示されていますか?
意図しないHPが表示されることがありますか?
不要なメールが沢山来たりしていませんか?
PCが再起動を繰り返すことがありませんか?
無意味に思える添付ファイルが沢山来ることはありませんか
これらはほとんどがウイルス被害といえる可能性が高くなります

この1年多いのは出会い系サイトからの勧誘や金融関係の不要メール
最も簡単な対処法としてこれらのメールアドレスを拒否する方法が簡単と思われます
自動削除方法はアウトルックエキスプレスであればメールを表示してから
送信者を右クリックで”この送信者を禁止する”を設定しておきます。
これにより次回から受信と同時にゴミ箱に入ります。
他にもメッセージルールの適用でサーバーからダウンロードしないなども有効です
設定方法はhttp://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/430mailrule/mailrule.html


この数ヶ月ウィルスやスパイウエアなどの被害が急増しております。
実例 国内初スパイウエア作成の男31逮捕されました。
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060126/20060126a4860.html?fr=rk
国内では現実的な被害報告は少ないと思いますがWINF○○○○などはPCを操作する上で邪魔な存在となります。
このような過度なウイルス被害では確実に業務の支障を起こします。
しかし、実害のないスパイウエアやウイルスというのも多いので絶対に駆除する必要はありません。

セキュリティーに関する基本情報はこちらで確認できます

http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/

http://www.higaitaisaku.com/korobanu.html

http://www.geocities.jp/primarystage/security1.html

もしもウイルスにかかっていたら駆除ツールをダウンロードして応急処置
トレンドマクロ
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=4700

組合へのスパムメールなども確認されており、個々のセキュリティー管理が大切になってきています。
最も簡単な管理方法はルータを設置して、各種のセキュリティーソフトを導入してください
有線ルータ
コレガ
http://corega.jp/product/list/router/
プラネックス
http://www.planex.co.jp/
メルコ(バッファロー)
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/b/bbr-4hg/index.html
ルータの設置が困難であるときはファイヤーウォールを使用することも必要でしょう。
WINDOWS XPには標準で使用可能となっている。
(アンチウイルスソフトとの併用はしないほうがよい)

マイクロソフトの情報
WINDOWS XPでは自動アップデートの設定を行えばサービスパック2(SP2)各種セキュリティーが改善されます
詳しくはhttp://update.microsoft.com/

セキュリティー情報に関しては順次追加予定